• ホーム
  • SEO対策を施したサイト作成をするべき

SEO対策を施したサイト作成をするべき

様々なSNSロゴ

SEO対策とは、検索サイトに自分のサイトがどのようなものであるかを明確に伝えるための様々な対策です。この対策がしっかりできていることで、検索順位で上位になり、検索サイトからの集客も期待できるようになるでしょう。
とはいえ、この方法は難しいこともあれば難しくないこともあります。サイト内だけで簡単にできる対策もありますので、必ずこの対策は取っておいてください。

まず、基本的な考えはユーザー目線で考えられているという事です。
ユーザー目線とは、ユーザーにとって利便性の高いサイト、情報の質が高いコンテンツ、読ませる・面白い情報がある、というようなことに尽きるでしょう。また、使い勝手や適切な内容が書かれている、文字が読みやすい、コンテンツが分かりやすい、希望した内容だというようなことがそのままSEO対策につながります。
難しい場合、Googleが提供しているスターターガイドを読んでみましょう。これはSEOに対しての基本的な考え方や対策が書かれていますので、スターターガイドのページやその関連ページを読んでおくとよいでしょう。

もう一つの考え方としては、見出しやタイトルの適切な設定です。
タイトルとは記事のタイトルとサイトタイトルを指しますが、この二つはタイトルタグというものに含まれ、どういう単語が入っているかによってSEO対策にも影響します。見出しはタイトルのように必ず設定しないといけないというものではありませんが、文章中に適切に設定するとSEO対策にプラスになります。

また、サイト内の階層をしっかり作成しておくのも方法です。サイト内の階層とは、ページのどこに何があるかということで、どこに何があるかを直感的に分かりやすくしてくれます。WordPressなどのシステムを使っている人の場合はあまり階層を意識することは少ないかもしれませんが、サイトでコンテンツをいろいろ配置しているのであれば階層は重視しましょう。

検索順位を意識するなら、画像を使った時は必ずalt属性を設定しておきましょう。
これは何かというと、画像を使った時にその画像が何を意味するかを伝えるもので、推奨されているSEO対策です。Googleなど検索サービスや閲覧者の一部にその画像の内容や意味を伝えるものなので、見えなくてもぜひaltは設定しておきましょう。

そのほかにも、推奨される対策はいろいろあります。このため、SEO対策をしっかり行いたい人はまずは間違った方法を取らないように、一般的なSEO対策とはどういうものなのかを知っておきましょう。

関連記事